沖縄の植物

アダン

沖縄では海辺でよく見かける植物アダン

葉っぱの形状やアダンの実から、パイナップルと良く勘違いされていますが全く違う植物です。アダンはタコノキ科タコノキ属で、根が地上で幾重にも分かれている姿からタコノキとしても親しまれています。潮に強く葉の密集度が高いことから、沖縄では防風林としても活用され海辺で活躍しています。葉にはトゲがあり触ると痛いので海辺では注意してください。

 

アダンの実

パイナップルのような実が成りますが、通常は食用にされていません。八重山地方では、新芽を法事などの特別な時に料理する習慣があるそうです。生で食べると酵素の働きで喉が痒くなるそうなので生を口にしないでください。熟すとフルーティーな香りがするのですが、これを好んで食べるのはヤドカリやカニで、夜にはこの木の下にたくさん集まっている時もあります。

アダンの実を手にして見ると分かるのですが、ヤシの実の様に繊維が密集していて、とても食べられそうには見えません。

 

 

アダンのその他の活用

アダンの葉を利用して様々な編み物が作られていたそうです。現在でも一部では使用されていたり販売されています。その中でもアダンを使用した帽子はパナマ帽の様に高級品が作られ外貨獲得に貢献していたそうです。今でも少量は販売されているようですが、注文してから半年待ちとか人気があるそうで、軽くて涼しいそうです。

色々調べていたらアダン葉帽の編み方なんて本が販売されていました。手に入らないと余計ほしくなるので自分で作ってしまうかと考えます。
アダン葉帽の作り方を紹介している本は→こちら
アダンが周りにない人は鉢から育ててみますか?→こちら