海の生き物

ヤドカリ

ヤドカリはビーチのアーティスト

砂浜に線上の綺麗な模様をつけているのはヤドカリで、様々な方向から重なったりしている足跡はとてもきれいだなと思います。

 

いろんな種類がいます

世界にヤドカリは1500種類以上いるそうです

大抵のヤドカリは巻貝を背負っている節足動物で、沖縄の海辺ではどこでも見かけるヤドカリですが、観察するといろいろな種類がいることに気付きます。

 

住んでいる場所もいろいろ

大きく分けると海の中にいるヤドカリ、砂浜にいるヤドカリ、陸にいるヤドカリと見かける場所が異なります。浜でも、水の中でも観察すると違いがあるのがわかります。

 

地味な生き物?

ヤドカリはかわいいけど地味な印象ですが、種類によってはカラフルで美しいヤドカリもいたりします。

 

貝殻も面白い

また背負っている貝殻もおしゃれなもの、動きにくそうなもの色々ですが、良く観察するとイソギンチャクや海藻を付けていたりします。

彼らが背負うのは巻貝ばかりではなくカタツムリの殻や、たまにペットボトルのキャップを背負ったヤドカリに遭遇することもあり、こんな時は複雑な思いになりますが何でも利用してたくましく生きる彼らの姿に感心させられたりもします。

 

沖縄には天然記念物に指定されているオカヤドカリも見られます。