沖縄の魚

ルリスズメダイ

サンゴ礁で先ず目にする熱帯魚
鮮やかな青色で体長は5~6㎝程、よく似た魚でデバスズメダイというのも居ます。見分けるのは難しいのですが、尾が透明なのはルリスズメダイの雌、オスは尾まで色がついています。デバスズメダイはというと、もう少し色が薄く、下の歯が少し出っ歯なんですね。ただ小さい魚なので、比較できないと違いをその場で見分けるのは難しいです。写真にとって拡大してみると違いが分かります。

このスズメダイは種類が多く、歩いて行く無人島ツアーでも色々な種類のスズメダイと出会えます。