沖縄の魚

クロスズメダイ&ミツボシスズメダイ

1種類の魚だけを撮影するのが難しく、この画像には2種類が写っています。
全身が黒いのはクロスズメダイ、白い斑点があるのがミツボシスズメダイです。

これもスズメダイの仲間で、ルリスズメダイより一回り大きくサンゴ礁の周りでよく見かけます。
ミツボシスズメダイは子供の頃はイソギンチャクの近くでクマノミと一緒に育ちます。子供の頃は体の面積の割に星が大きいのでクマノミの様にも見えます。
好奇心が大せいなのか食いしん坊なのか?、餌付けすると先ずは彼らが寄ってきます。