Starrysky

天の川

天の川はアジアでは「天の河」として、英語では「Milky Way」 乳の道とされていますが
実際に天の川を見てみると星の固まりというよりは、暗闇に見える白い帯に見え、河も乳もぴったりな表現です。
昔の天の川は今よりも、もっと明るく見えたなんでしょうね。

天の川銀河には数千億の星があるとのことですが、地球も天の川銀河の一部なんですね。
そう考えると宇宙は途方もないですね。

美しい天の川ですが日本では70%の人たちは光害の影響で見れないと言われています。
天の川を見るためには光害が少ない暗闇で標高の高いところが良いとされています。
沖縄には標高の高い山はありませんので、暗がりの海辺がお勧めです。

夏休みに沖縄旅行を計画されている方も多いと思いますが、
夏は比較的早い時間に天の川が昇り始めますので、お子さんたちにも見せやすいシーズンだと思います。