沖縄の自然海の生き物

オオイカリナマコ

オオイカリナマコ

海草のところで良く見かけますが
長く2mぐらいあり、シマ模様のナマコなので、気付かずに近づくとウミヘビかと思ってドキッとする時があります。
動かないので直ぐにオオイカリナマコだと分かります。


長いくせに紙の様に薄く、指で持ち上げようとすると重みで持ったところがペラペラになります。
触る時には、可愛そうなので優しく触ってみてください。
オオイカリと名前がついているのは、体の中にイカリの形をした骨片(こっぺん)と呼ばれる石灰の塊が沢山あるそうで
それが名前の由来となっていて、魚に食べられない理由でもあるそうです。