イソアワモチ

貝殻がなくなった貝
名前を聞くと美味しそうと思う人も多い様ですが、実物を見ると食欲減退する人も多いのではないでしょうか?
磯の岩場をカタツムリの様に歩いていますが、保護色なので多くの人は気付かないとおもいます。良く見かけるのは体調3~4cm程度の小さなものですが、15cmを超える大きなものまでいます。頭の部分からはカタツムリの様に2本の触角のような目があり、触ると引っ込めるのもカタツムリと同様です。

粟餅に似てる?
名前の由来は粟餅に見た目が似ていることからついた名前だそうですが、似てるかな?名前を付けた人たちはおなかが空いていたからなのか?無理やり食べ物の名前が付いている生き物が多いと感じます。

光に敏感?
背中全体の突起は全て光を感じる程度の目だそうです。夕方になると穴に帰る様で姿を見かけなくなります。

グミの様な弾力
指で触って見るとグミの様な弾力、大きなサイズだと大人の手よりも大きくなり、沖縄では食用になったりもするそうです。沖縄では「ホーミー」と呼ばれています。

歩いて行く無人島ツアー

干潮時に歩いて渡れる無人島
周囲に広がるラグーンは天然の水族館となっています。豊かな自然と素晴らしい景色、透明度抜群の海、様々な生き物との出会いが楽しめます。

詳細を見る

早朝!歩いて行く無人島ツアー

朝の海を楽しもう
【早朝に潮が引く日限定、一組限定】早朝(5時~8時スタート)の涼しい時間帯、朝食前の無人島ウォーキング。朝凪の美しい海と清々しい空気の中無人島をご案内します。(2021年6月19日~)

詳細を見る

星空フォトツアー

きれいな夜だから出かけよう
沖縄本島でも北部なら星のきれいな場所があります。思わず声の上がる満天の星空、夏には天の川を楽しみながら、星空を背景にフォトグラファーによる撮影をご提供します。

詳細を見る

ムーンライトフォトツアー

神秘的な月光浴に出かけよう
月の青い光に照らされる静かで美しい世界。月光の優しい光に包まれ柔らかなコントラストのナイトフォトツアー

詳細を見る
無人島ツアー¥5,000~ ご予約はこちら フォトツアー¥6,000~ ご予約はこちら